外壁塗装

家やマンションの外壁塗装。
装飾を変えることだけではなく、塗装することで、木造制の壁や柱の強度を上げる役目を果たします。
ここでは、外壁塗装工事の流れを説明いたします。
塗装と言ってもただ塗るだけではありません。
下準備が必要ですし、塗る工程でも何層にも分けて塗装します。
まずは準備から、手に届く範囲だけではなく、高い部分も塗装するわけなので、最初に足場を作ります。
次に洗浄を行います。
塗装する部分において高圧洗浄をかけます。
外壁は外の空気にさらされているので、汚れやカビが付いています、それらが原因でできる凹凸は塗装しにくく、むらとなってしまいますので、高圧洗浄によって、それらを落とします。

次に素地調整します。
高圧洗浄で落ちない汚れやサビ、窓のサンや隙間などの汚れを、タワシなどを使って手作業で綺麗にします。
準備の最後は、板金補修です。
釘やネジなどが飛び出ているところの補修を行います。
飛び出ていることでケガの元になったり、塗装のムラや、隙間ができることで塗装の仕上がりに不備が出ることがあるので、補修をして平な状態にします。
その他にも、コーティング、養生をして準備が完了したら塗装です。
塗装は、下塗り、中塗り、上塗りの3段階で行います。
下塗りでは小さいヒビ割れを埋める役割をします。
中塗では、凹んでいる部分の解消をはかります。
外塗りは最後の仕上げとなり、だいたいがこの3段階でコーティングをして塗装完了となります。



Copyright © 2014 外壁塗装工事の流れ All Rights Reserved.